引っ越し 冷蔵庫 洗濯機 悪天候

悪天候と引越し

引越し 台風

 

最近の日本は大型の災害が多い気がしませんか?

 

夏場は大型台風や連続台風、冬場は記録的な大雪。

 

強風で建物が損壊したり、土砂崩れで道路が寸断したりすることが増えたように感じます。
もし引越し当日にこれらの大型の災害が当たったら、どうするのでしょう?

 

梅雨や秋雨の時期は長雨になることが多いので、引越し業者は雨や雪の引越しも慣れています。
家財には専用のカバーをかけたり、濡れてもこまめに拭いたり、家の中に防水シートを敷いたり、靴下の替えを多めに持っていくなど雨の対策をして作業をするそうです。

 

しかし大型台風や記録的大雪の時は、依頼者やスタッフの命にかかわる問題なので中止や延期もありえます。
引越し作業中に事故があってはなりません。

 

ですから引越しの1週間前くらいからは、週間天気予報で台風や大雪の情報を見ておきましょう。

 

もし引越し当日に進路予想が現住所や新居を通過する予定なら、すぐに引越し業者に連絡して対応を話し合いましょう。
時間の変更、延期、中止、様子を見て決行など、対応は様々ですが、どちらかの意見では決められません。

 

もしかしたら引越しの前日と当日のキャンセルにはキャンセル料がかかることもありえますから、時間に余裕を持って連絡を入れておきましょう。